競売は二束三文?任意売却で賢く借金整理

何らかの原因で住宅ローンの支払いが滞った時の強い味方!任意売却ので借金を整理しよう!

住宅ローンで困った時に助かる任意売却

最近、突然のリストラや無理な借金の為に住宅ローンが払えなくなっている人が増えています。 長期間の住宅ローンの滞納は、やがて差し押さえ通知が下り、裁判所で市場価格を大幅に下回る値で買い落とされる競売になる場合が多いです。

このような競売を避けるために、少しでも債務者に有益になる方法は任意売却です。 任意売却は専門の弁護士や司法書士などに相談もできますが、最近は任意売却専門の相談窓口があるので、そちらで依頼するほうがコストがかかりません。

では、任意売却のメリットはどのような点にあるのでしょうか。

まず、第一に競売のような強制処分よりも高く売る事ができ、市場価格に近い価格で売却できるのが大きい点です。 また競売のように近隣住民に知られる事はなく、普通の住宅売却と同様な扱いにあるので、プライバシー保護も安心です。 更に、次の住まいに移る費用や最低限の生活資金の捻出も可能になり、売却後の借金残額も分割払いなどの支払いに柔軟に対応してくれます。

そして任意売却なら、もし身内のサポートがあれば買い取ってもらい、そのまま引き続き住み続ける事ができる場合もあります。 相談料は無償の所が多く、仲介手数料や滞納中の固定資産税や住民税も債権者との売買費用から支払われるので、債務者の負担が殆どありません。

住宅ローンがどうしても払えず、どうしたらいいのか分からないという人は、任意売却の専門業者に早めに相談するのが解決への一番の近道になります。