競売は二束三文?任意売却で賢く借金整理

何らかの原因で住宅ローンの支払いが滞った時の強い味方!任意売却ので借金を整理しよう!

過任意売却にすると生活再建がしやすくなる

家を購入する時にはきちんと金利計算などして返済計画をたてて購入していますが、計画にはなかったトラブルに見舞われたときには返済が上手く行かなくなるといったことがあります。

特に今は経済状況の変動が激しいために、予定外の収入減に見舞われ住宅ローンの返済が出来なくなる人も増えています。 ローンが返済できないと一生住む予定で購入した住宅も差し押さえられて競売にかけられることになります。

競売は最低価格を決めてオークション形式で購入者を決めるもので、確実に売るために価格は家の評価額より5割から3割も低いものになります。

しかも売却益は全て金融会社のものになり、1円も手元には残せなくなります。 競売を防ぐためには金融会社と交渉して任意売却にしてもらうことです。 任意売却なら評価額で家を売却することができるので、大幅に借金を減らすことができます。

また手元にお金をいくらか残すこともできるので、家を売却した後の生活の助けになります。 また今後の返済計画についても無理のないものを選ぶことができます。