競売は二束三文?任意売却で賢く借金整理

何らかの原因で住宅ローンの支払いが滞った時の強い味方!任意売却ので借金を整理しよう!

任意売却のデメリット

住宅ローンや借入金等の返済ができなくなった場合、債権者が抵当権を実行することで債権を回収する事が一般的ですが、競売による不動産の売却は現金になるまで時間がかかります。また、市場価格より安くなることもあります。そのような状況を防ぐため、債権者の合意を得て、債務者は市場で担保不動産を売却する場合があるのですが、このことを任意売却と言います。

任意売却には多くのメリットが存在する一方、幾つかデメリットも存在します。

一つ目に、連帯保証人等ついている場合には、それらの人たちから任意売却に関しての同意を得なければなりません。つまり同意を得るために、いくらか手間がかかってしまいます。

二つ目に、任意売却をするには法律の知識が必要だということです。競売なら債務者は手続きに関係することなく段取りが進められますが、任意売却の場合は債権者との交渉や買取希望者との面談、各種手続きなど債務者が行わなければいけません。法律の知識がなければこれらの手続きを進めることは難しいでしょう。弁護士に依頼することもできますが、お金もかかりますし、信頼できる弁護士を探す必要があります。

このように任意売却にはデメリットもあるということを覚えておきましょう。