競売は二束三文?任意売却で賢く借金整理

何らかの原因で住宅ローンの支払いが滞った時の強い味方!任意売却ので借金を整理しよう!

任意売却とはどんな仕組み?

任意売却とは、不動産を購入後にローンの返済に遅延や支障が生じてしてしまい返済のめどが立たなくなってしまった時に、債権者と債務者が話話し合い試合を通じて双方の合意のもとで行われる残債務の整理方法の一つです。万が一の場合の任意売却を知っておくべきです。

ローンの返済に遅れが生じ、ローンの返済が不可能になったと判断された場合、通常であれば債権者側は抵当権が設定されている不動産を差し押さえ、裁判所を通じて競売にかけローンの残額の回収を目指します。

この方法では法に基づく強制力が認められているため強制的に手続きを勧められるのですが、不動産を競売で売却した場合、通常の手続きで不動産を売買する時よりもさまざまな制限がある分だけ売却額が低くなってしまいます。

任意売却では債権者・債務者の双方の合意のもとで、競売手続きではなく通常の不動産取引と同じ仕組みで不動産の売却をし、ローンの残高の返済に充てます。その方が競売で売却するよりも高額で売却できるので、債権者・債務者双方にメリットがあります。