競売は二束三文?任意売却で賢く借金整理

何らかの原因で住宅ローンの支払いが滞った時の強い味方!任意売却ので借金を整理しよう!

任意売却に関する基礎知識

競売に比べて高い値段で自宅を売却できるのが任意売却ですが、もちろんデメリットもあります。まず任意売却は担保権のついた自宅を売却すると言うことになりますから、当然担保権者であり債権者でもある銀行等の同意を得る必要があります。ですから債権者の同意を得られなければ、債務者としては任意売却を行うことはできません。

他にも連帯保証人がいる場合、それらの人の同意も必要になります。保証人と連絡が取れなくなっていたり、同意を得られない場合もやはり任意売却を行うことはできません。さらに債権者との交渉に関しても、競売とは異なり自分で行う必要がありますからその意味でも大変なことに間違いはありません。

しかしこれらのデメリットよりもはるかに大きなメリットがあるのも、任意売却の特徴です。やはり競売よりも売却価額が大きいので、早期の生活再建を図れるからです。債権者との交渉に関しても任意売却専門業者を使えば安心ですし、まずは相談してみることが大切でしょう。